オナ禁の効果について メリット・デメリット、長期的に行う意味、テストステロンの上昇

YouTubeでオナ禁について解説している動画を見つけました。

【ゆっくり解説】オナ禁は効果なし!?本当のメリット・デメリット教えます

オナ禁するとテストステロンが高まってモテるようになる、自信がつくとはよく聞きますが実際どうなのでしょうか。
この動画ではオナ禁の効果について科学的データを用いて説明してくれています。

この動画の説明によると、オナ禁することでテストステロンが高まったという実験結果は確かに存在するようです。しかし、テストステロンの上昇が見られたのは、オナ禁開始から7日目までで、8日目からテストステロンは一気に下がり元の値に戻ってしまうようです。
つまり、オナ禁は最初の7日間なら効果があるけど、8日目以降はテストステロンに関しては特に効果が見られないということですね。
これは非常に貴重なデータです。
オナニーの推奨頻度は週に1回と判断してよろしいでしょうか。だとしたら私は週に1回のオナニーに欲望のすべてをかけます。

また、上記の動画ではオナ禁のデメリットも説明してくれています。
オナ禁しすぎると前立腺がんにかかりやすくなったり、
精子の元気がなくなって不妊の元にもなるとか。
普通に恐ろしいですね。

他にも面白いデータがあって、アダルトサイトを頻繁に見ている人は男女問わず怒りっぽくなる、不安になりやすくなるということも説明されていました。
この2つの症状、どちらも私にぴったり当てはまるのでものすごく納得できます。

アダルトサイトはあんまり見ないようにして、オナニーは週に1回程度で生きていきましょう。
あ、でも8日目以降のオナ禁に全く効果がないのかというと、それは科学的な実証がないだけで、実際のところどうなのかはまだわかっていないみたいです。
主観的な意見としてオナ禁を長期的に続けることで気分がよくなったり積極性が出たりという声は多数上がっているようですね。
自分に合ったオナ禁を探っていく必要がありそうです。

タイトルとURLをコピーしました