【適した食べ物・行動】二日酔いの対策・情報まとめ

本記事は医学知識を持たない筆者がネット上の情報をまとめたものになります。
事実と異なる間違った情報があるかもしれないことをご了承ください。

二日酔いのメカニズム

アルコールを摂取した後日に起こる二日酔いですが、体にどういった変化が起きて頭痛や吐き気を引き起こしているのか、実はその原因はハッキリと解明されていないらしいです。

一般的によく言われているのは肝臓がアルコールを分解したときに生まれる成分「アセトアルデヒド」が原因だということです。

アセトアルデヒドは毒性を持っており、これが体内を回ることで気分が悪くなるとのこと。

またアルコールには利尿作用があるらしく、お酒を飲むとおしっこが出やすくなります。
これにより体から水分が失われ、脱水状態に陥り頭痛などを引き起こすこともあるようです。

二日酔い時はまず水分補給

上述した通り飲酒すると体から水分が失われます。
その脱水状態から回復するために水分を摂ることが必要となります。

ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクは塩分や糖分が含まれているので二日酔いの時に飲む飲料として適しています。
ただしスポーツドリンクはアルコールの回りを早めるという説もあるらしく、飲酒してすぐに飲むのは控えたほうがいいのかもしれません。
ちなみに大塚製薬はその説を否定しています。

ちなみに、“アルコールと一緒にポカリスエットを飲むと早く酔う”と勘違いされている方もいるようですが、これは大きな誤解です。ポカリスエットは水分をすばやく吸収するといった試験データはありますが、アルコールの吸収を速くするという報告はありません。

https://pocarisweat.jp/scene/liquor/?waad=RM7gxffl

水にしろスポーツドリンクにしろ過剰に飲みすぎると吐き気に繋がるのであくまでも適量の摂取が好ましいです。とはいえ500ml~1000ml程度は飲んだほうがいいらしいですね。

二日酔いに適した食べ物

バナナ

利尿作用によって水分と共に失われるカリウムを補給できる。

ヨーグルト

腸内環境を整えられる。
また、アロエは肝臓の働きを助ける効果があるのでアロエヨーグルトだと尚良し。

はちみつ

アルコールの分解を促す効果がある。

梅干し

肝臓の働きを助ける。
二日酔いで酸性になった体を弱アルカリ性に早く戻す。

しじみ

タウリン、オルニチンという成分が肝臓の働きを助ける。
グルタミンという成分がアセトアルデヒドの分解を促す。
アラニンという成分が血中のアセトアルデヒドの濃度を下げる。

トマト

胃腸の働きを助けてくれる。
またアセトアルデヒドの働きも抑制する。

白ご飯、パン

アルコールをたくさん摂取すると体の血糖値が低くなるのでご飯やパンを食べて血糖値を上げるといい。

システインという成分がアルコールの分解を早めてくれる。

温かいおかゆ、うどん

胃に負担がかからない。

二日酔い時にやるといいこと

胃薬、頭痛薬を飲む

アルコールを飲むと胃酸が分泌され、それにより胃が荒れてしまいます。
胃酸を中和する制酸薬などを飲みましょう。

頭痛がひどい場合は頭痛薬や鎮静剤も効果的ですが、そういった薬は胃に優しくないらしく、胃薬も併用して服用するといいとのことです。

薬で頭痛などが消え楽になったとしてもそれは二日酔いが治ったわけではないので引き続き水分補給は行う必要があることに注意です。

ウコンの力

「二日酔いにはウコンの力!」という意見もたびたび目にしました。
飲む前でも二日酔いになった後でもウコンの力を飲むといいらしいです。
ウコンに含まれる成分が肝臓の働きを助けたり炎症を抑え楽になるとか。
しかし実はウコンにより二日酔いが予防できたり症状を軽減できるという科学的根拠はないとの意見も見ました。

ウコンによる二日酔いの予防効果は、医学的に信頼できる論文に示されているわけではありません。ウコンの多くには鉄が大量に含まれていますが、飲酒に伴う酸化ストレスは、鉄の存在により加速されます。そのため、ウコンを毎日大量に摂っていると、アルコール性肝障害を悪化させてしまう可能性があるのです。

https://www.lifehacker.jp/2019/12/204599_how_to_deal_with_hangover_mylohas.html

個人差もありますし、この辺りは自分で効果を試してみないとわからない部分ですね。

二日酔いに効くツボを押す

YouTubeを調べると、整体師の方が二日酔いに効くツボを紹介してくれている動画がありました。

【実践】二日酔い解消!早く治すならコレ!

この方の説明によると、手首から腕側に指三本分離れた場所にある「内関」というツボが二日酔いに効くとのことです(両腕とも)。

また、肋骨の下の部分を上や横にぐいぐいっと持ち上げるように刺激することでも二日酔いを少し楽にする効果があるようです。

コメント欄にも「楽になった」という意見が多数寄せられています。

ただ肋骨のマッサージは強くやりすぎると吐き気に繋がるらしいので気を付けてください。

二日酔い時にやってはいけないこと

お風呂に入る

二日酔い時にお風呂に入ると体の水分が失われ、脱水症状で死ぬ場合もあるそうです。
入浴はシャワーで軽く済ませるようにするといいですね。
ただ体験談として「お風呂に入ると楽になる」「お風呂に入ると二日酔いの治りが早く感じる」という意見も何度か目にしました。
もしもお風呂に入る場合はしっかり水分補給をした状態で、入浴しながらも水分を摂るなどするくらいでいいと思います。

迎え酒

迎え酒とは二日酔い状態でさらにお酒を飲むことです。
そうすることで酔っ払って一時的に感覚がマヒして楽になるのかもしれませんが、この方法はどのサイトを見ても非推奨されていました。

とにかく迎え酒だけは絶対にNGですね。

二日酔いの予防法

水やお茶などの飲料と一緒にお酒を飲む

お酒と一緒に水などを飲むことで体内のアルコール濃度が高くなるのを抑えます。またお酒の利尿作用による水分不足を防ぐ効果もありますね。

つまみを食べながら飲酒する、空腹時に飲酒しない

お腹に何もない状態で飲酒すると胃が荒れ、さらにアルコールの吸収も早まります。
枝豆や肉などたんぱく質を含む食べ物をつまみに飲酒するといいそうです。

寝る前にたくさん水分をとっておく

そのまま寝てしまうと翌日水分が足りない状態で目覚めることになります。
そのせいで早めに目覚めてしまい質の高い睡眠がとれなかったり、目覚めた後に頭痛などを感じてしまいます。

タイトルとURLをコピーしました