FF7Rクリア

FF7Rをクリアした。
ネタバレあります。







FF7をクリアしたのは10年前くらい。
リアルタイムじゃなくて実況動画に影響されてゲームアーカイブスでプレイした。
だから原作の細かい部分をまぁまぁ記憶していて、今作でいろんな部分が再現されているのを見て楽しむことができた。

FF7の世界を現代のグラフィックで細かいところまで作りこんでくれているのはすごくリッチな気分になれてよかった。
音楽も原作のものが出てくるたびに盛り上がる。
「更に戦う者達」はもちろんのこと、エアリスとパーティを組んだ後のフィールド曲も地味にめちゃくちゃテンション上がった。

ストーリーは原作とはかなり違うものになる・・・というか、原作のストーリーありきで別方向に展開していくみたい。
このやり方、新しくていいね。
リメイクだから原作通りの流れで行ってほしい気持ちもあるけど、文字通り「リメイク」として全く新しいものを持ってくる、いい意味で原作のファンを裏切る展開は面白いと思う。
原作のストーリーから運命を変えるっていう、原作を知っている人だからこそ楽しめる作りだからね。
既存のストーリーに関しても、スラムの様子やビックスジェシーウェッジのキャラを掘り下げたことでアバランチに対する思い入れを強めてくれたり、テロ行為によって本当にたくさんの人が苦しんでる様子を描いてより臨場感を演出してくれている部分がすごくよかった。
逆に列車墓場とかはあんまり好きじゃなかったな。
シーンによって「めっちゃ好き!!」って思えるところもあれば「このゲームの作り手のセンス気に入らねえわ」ってシーンもあって、なんか1つのゲームなのに印象がだいぶブレている。

戦闘はやることがたくさんあって常に忙しく退屈しないのがよかった。
けど結構イライラさせられる作りになっているようにも感じた。
こっちの行動を制限してくる敵が多い。
せっかくバーストさせたのに敵に近づけなかったり、必中の状態異常攻撃を仕掛けてきてその継続時間がすごく長かったり。
特に嫌だったのはボス戦中に何度もムービーが挟まること。
ムービー後は敵のバーストゲージがリセットされる。
こっちが計画を立ててバーストゲージをためて一気に攻めようとしてるときにムービーが入って仕切り直しになる。
そんな感じで「ここが攻め時だ!」って爽快感を感じられるポイントがゲーム側に潰されることが多かった気がする。
まぁ、ATBゲージをためてアビリティや魔法を使うシステムはアクションとコマンド式戦闘の面白さを合体させていて結構好きだな。

このゲームで地味に一番好きだったのは神羅ビルの社員がうろついてるフロアだったかもしれない。
神羅ビル内がすごく綺麗なつくりをしているんだよね。
外に見える夜景も綺麗だし。
見学コーナーで見られる会社紹介PVも作りこみがすごい。
なんか純粋に神羅という会社の企業見学をしている気分になれてすごく楽しかった。
「うわぁ・・・神羅っていい会社なんだなぁ・・・」って思った。

あ、そういえば一つ書き忘れてたけど、レッド13がめっちゃかわいかった。
グラフィックが綺麗になったことで毛並みとか獣らしい動作がしっかり表現されててたまらなくかわいい。
PS版ではそんなに好きにならなかったキャラだけど今作では一番好きかも。

【FF7R】レッドXIIIの可愛いカッコよさに萌えるシーン集【実験サンプル】
タイトルとURLをコピーしました