山を登り続ける死にゲー Celeste ゲーム紹介・感想まとめ

2018年に発売されたインディーズゲーム「Celeste」。

カナダのインディーズゲームメーカー「Matt Makes Games」が作ったゲームで、以下のプラットフォームでプレイできます。
・steam
・スイッチ
・PS4
・Xbox One

本記事ではCelesteの簡単な紹介と、Celesteに対するネット上の感想をまとめました。

Celesteのゲーム紹介

ストーリー

とてつもなく険しい山「Celeste」の登頂を目指す主人公のマデリン
Celeste山を進む中、マデリンは内なる自分と向き合うことになります。
なぜ彼女は山を登るのか。
彼女が心に抱える闇とは・・・。

本作の主人公「マデリン」

ちなみにセレステ山とは、カナダに実在する山らしいです。

何度もリトライする骨太2Dアクション

マデリンのアクションは主に3つ。
ジャンプ、ダッシュ、つかまりです。

ダッシュ
つかまり

これらの操作と様々なギミックを用いて各ステージを先に進みます。

しかしダッシュは空中では1度しか使えず、つかまりも一定時間で壁から離されてしまいます。
様々な地形に合わせて、制限された操作を組み合わせて進んでいく本作はまるでパズルゲーのようです。
難しい操作や工夫した進め方が求められる局面がプレイヤーを待ち受けています。

右下のイチゴはステージクリアに必要のないコレクトアイテムです。どうすれば取れるでしょうか。

何度もリトライしなければ先に進めないステージがたくさんありますが、ミスした際にリトライにかかる時間が短くストレスなく挑戦を続けられます。

リトライが速い!

また、このゲームはゲームオーバーになった回数が記録されており、他のプレイヤーと自分の記録を見比べたり、1つのステージにどれだけのリトライを重ねたのかを振り返る面白みもあります。

2018年のGOTYにノミネート!

celesteは、2018年のGOTY(ゲームオブザイヤー)にインディーズゲームでありながらノミネートしています。
他のノミネート作品を以下に記します。そうそうたる顔ぶれですね。

・ゴッド・オブ・ウォー
・アサシン クリード オデッセイ
・Marvel’s Spider-Man
・モンスターハンター:ワールド
・レッド・デッド・リデンプション2

ネット上の感想

初見殺しの即死トラップではなく、理不尽を感じない
純粋にプレイヤーのスキルが試されるゲームで面白い。

アクションよりも後半のストーリー展開や演出が面白かった。
人生に迷っているような人にオススメしたい。

空いた時間にサクッとリトライできるのでSwitchと相性が良かった!

アクションは得意でなく難しかったが、このゲームは諦めずにクリアしたくなる魅力がある。

クリア後にRTAを観たら知らないテクニックを使いまくっててまるで別ゲーだった。

タイトルとURLをコピーしました