【Android Studio】 レイアウトをxmlファイルに記述

レイアウトのテーマ

LinearLayout
並べることをテーマにしたレイアウト。
要素を縦や横に並べる。
並べる方向はandroid:orientationで指定する。
指定は、vertical(縦並び)、horizontal(横並び)の2種類。
未指定はhorizontalになる。

FrameLayout
重ねて表示するレイアウト。
コードの上のほうが背面、下のほうが前面になる。

ConstraintLayout
自動的にボタンとかの位置を調整してくれるレイアウト。

<LinearLayout
    android:orientation=”vertical”>
  この間にTextViewやButtonなどについて書き込む。
</LinearLayout>

xmls:android=”http://schemas.android.com/apl/.res/android”

xmlの最初に記述するxmls:android=”http://schemas.android.com/apl/.res/android”は、識別子の登録を行っている。
heightなどの記述がどこで定義されたものなのかを表す。
これを書くことで、android:heightと記せば、そのheightはxmls:android=”http://schemas.android.com/apl/.res/android” で定義しているheightだと認識してくれる。

要素の位置調整

要素とは、TextViewやButtonなどのこと。

gravity
TextViewやButtonの位置を変更できる。

android:gravity
1つのTextViewやButtonの位置を変更するときに記述する。

<TextView
android:gravity=”right”/>

上記は、1つのTextViewを右側に寄せている。

android:layout_gravity
指定したすべての要素の位置を変更できる。

<TextView
    android:layout_gravity=”right”/>

上記は、TextViewすべてを右側に寄せている。

<LinearLayout
    android:gravity=”center_horizontal”>

上記はレイアウトの中のすべての要素を横方向に中央に寄せている(縦方向の位置は変わらない)。

wrap_content
ちょうどいいサイズで表示するという意味。
ButtonやTextViewなどのViewでwrap_contentを指定した場合はView内に表示される文字の長さでサイズが変化する。

match_parent
表示可能な領域ぴったりに合わせたサイズで表示される。
横200px、縦300pxの領域にViewを配置し、縦横ともにmatch_parentを指定すると、そのViewは200×300のサイズで表示される。

padding
Viewの内側に余白を作る。

<TextView
   android:padding=”10dx”/>

margin
Viewの外側に余白を作る。

<TextView
   android:magin=”10dx”/>

要素内の記述

android:id=”@+id/idmei”
これはR.javaファイルを生成してその中にIDを登録するという意味。
R.javaファイルは、Rクラスのソースファイルのことで、「res」フォルダ内のリソースをJavaコードから利用するためのリソースIDを保存するもの(よくわからない)。
id=”@id/idmei”という”+”がない形式の登録もある。
これだとR.javaファイルへの登録は行われない。既に登録されているIDを参照するときに使う。

android:onClick
Buttonが押されたときの処理を記述する。

<Button
   android:onClick=”aaaa”/>

上記は、ボタンが押されたら「aaaa」という関数を呼び出すという意味。

アクションバーの設定

res/values/styles.xml
Android Studioの上のxmlファイルでアクションバーの設定をできる。
<Style name=”AppTheme” parent=”Theme.AppCompat.Light.NoActionBar”>
上記のように書けばアクションバーを表示しないようにできる。

タイトルとURLをコピーしました