会ってきた

マッチングアプリで知り合った人と会ってきた。

結論から書くと失敗。

顔を合わせた瞬間から相手は何となく不機嫌そうに見えた。
俺の見た目が写真の感じといろいろ違ったのかもしれない。別に盛ったりはしてないんだけど。
それか緊張して不機嫌そうに見えただけだろうか。

話しかけても反応がイマイチで全然手ごたえがなかった。

そして飲食店に入り食事。
そこではちょっとまともに話せた。
こっちの言葉に相手が応えてくれて相手のほうからも話してくれて、
なんか割とまともにやり取りができている、コミュニケーションをとっているという手ごたえが感じられる時間だった。

でも店を出てからまたイマイチな感じに。
そうしてついには会話がなくなった。

話しかけても相槌くらいしか返ってこず。
俺自身も相手から話しかけてもらってもいい返しができず盛り上げることが全くできなかった。

地獄みたいな空気のまま予定してたコースを歩き、そして別れの挨拶を交わした。

ダメだこりゃ。

全身をボコボコに殴られたような気分だった。
帰りの電車でうなだれながら座席に座ると鼻くそをほじる力も感じられずそのまま座席に沈み込み深淵まで落ちてしまうかのようだった。

俺って世間に出ちゃいけないスペックだったのかもしれない。
今日「周りの友達とかってもう結婚してますか?結婚式出たことありますか?」って聞かれた。
20後半で結婚式に出たことがない時点でまともな人生を送っていないことが白日の下にさらされた。
そんな自分が女の人と出会ってはいけない、時間を使わせてはいけないように感じられた。

多分引きこもるのが正解なんだろう。
世間的には引きこもるのは悪だけど実際は俺みたいな奴は引きこもってたほうがまともな人間にとって都合がいいんだろう。
だって俺が外に出てまともな人と触れ合うとこういう悲劇が生まれるんだから。
俺は引きこもらなきゃいけなかったんだ。

「俺は本当にダメなんだ」って思いがより強くがっちり固まった一日だった。
このままマッチングアプリを続けてもうまくいく気が全くしない。

ただ、そういう結果になったことで逆に楽になった部分があったかもしれない。
すごく悲しくて惨めな思いをしたけど、でもその分「あっ俺には無理なんだ」って理解できた部分がある。
逆に言うと今までは「俺も出会いがあれば彼女を作れるんじゃないか」「きっかけさえあればいけるんじゃないか」って思いがあった。
そういう自惚れや思い込みを俺はよく抱く。恋愛に限らず。
普通の人なら想像して理解・納得できる部分を俺は実際にやってみるまで納得しようとしない。

だから今回の失敗で自分には無理ということがだいぶ納得できたのはよかったと思う。

そしてそう考えると俺はもっと失敗をして「絶対に自分には恋愛は無理」レベルまで思考を矯正する必要があるのかもしれない。
そうなれたら諦めがついて楽になれるかも。

タイトルとURLをコピーしました