千と千尋の神隠しを観てきた

今日は映画館に行ってきた。
普段行く場所付近に映画館はないので電車で15分くらいの初めて訪れる場所に向かう。
なんかそういう新しい刺激が欲しいと思ってね。
実際よくも悪くも緊張感があってなかなか楽しかった。

上映時間の10分前に映画館に入ったら誰もいなくて、貸し切りみたいな感覚に浸れた。
最近ファイアパンチを読んだから映画館に対してちょっとした憧れがあったんだよね。
ああいう雰囲気を十二分に味わえた。

観た映画は千と千尋の神隠し。
何回目の視聴だよって感じだけど毎回よかったなって思う。
見てる最中4,5回泣いた。
おにぎりを食べるシーン、銭婆と別れるシーン、ハクが名前を思い出すシーン、ラストシーン。
そして最後の最後、エンドロールで「いつも何度でも」を聴いてるときも泣いた。
「海の彼方にはもう探さない 輝くものはいつもここに 私の中に見つけられたから」
って歌詞にやられた。
ティッシュを持って行ってなかったから鼻がずるずるでめちゃくちゃ汚かったわ。
マスクで隠せてよかった。

あ~~なんか、劇中の千尋のがんばり具合とか成長っぷりを観終わった今思い出してしまう。
キャラクターの行動が胸の中に残ってる。
もしかしたらこれは映画館特有のものなのかもしれない。
映画館っていう映画を観るための空間でCMとかが入ることなく最初から最後までがっつり映画と向き合ったことで、家でテレビで見る以上に作品に入り込めたのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました